*

なるべく早い時期から

赤ちゃんが母体内で順調に発育するため、重要な栄養素の一つに葉酸が挙げられます。

 

葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。

 

胎児の細胞分裂は妊娠初期に最も盛んであり、そこで葉酸が多く使われるため、妊娠したいと思うならば、その時から多めに摂るように努めた方が望ましいと言えます。

 

妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、自分の生活習慣に合わせて、サプリメントや錠剤などで補うことをすすめます。

 

女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠する前に比べて増えます。

 

倍近くの量である480μgを毎日摂取すると葉酸不足には陥りません。

 

葉酸は母体にも胎児に重要な栄養素ですが、過剰摂取も問題があります。

 

葉酸の過剰摂取が引き起こす問題として熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を起こす危険もあるとされるので、毎日たくさん摂るのも考えものです。

 

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。

 

日々の生活習慣を整え、妊活に励んでいる方はすぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。

 

中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。

 

妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から赤ちゃんを授かっているのです。

 

いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。

 

いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に葉酸を与えられるようにしましょう。

子供そばかす



コメントする