*

仲介手数料等を踏まえて価格を決めるのが大切

売価が3000万円より安く不動産物件を売った場合だと所得税、及び、住民税の対象外となる嬉しい特例があるのです。

 

その理由は、物件を販売した価格のうち、3000万円までなら特別控除を適用してもらえるからです。

 

また、もし、買い換えで売却損が出たとしたら、不動産売却以外の所得と合算して、損益通算の適用を受けられるので、損失を少しは取り戻せるかもしれません。

 

ですが、それには条件に適合していなければならず、売った一軒家やマンションを5年を超えて所有していたこと、それに、住宅ローンが10年を超えるような物件を新規購入したということです。

 

住宅を売却するのであれば、納得できる取引にするために、最近ネットで増えてきた売却一括査定サービスを活用し、不動産の相場を知りましょう。

 

一括見積り可能なサイトはいくつもありますが、どこでも最初に情報を登録すれば一度にいくつもの不動産会社に査定を依頼できるのです。

 

時間がないからつい後回しになどということにもならず、手軽に、しかも確実に査定依頼できます。

 

一括見積りサービスを活用し、信頼できる不動産業者を探してください。

 

不動産というのは普段の買物とはケタが違いますから、販売価格というのは非常に大事です。

 

市価より割高では買い手がつきませんし、最初から安くしすぎると足元を見られるおそれもあるため、近隣相場を無視した価格設定はありえません。

 

不動産取引では価格交渉もしばしばありますし、不動産会社に払う仲介手数料等を踏まえて価格を決めないと、売り手が売却で得る実質金額はぐっと減ってしまい、後悔しかねません。

ナイトアイボーテ



コメントする